抗酸化力をつけて体を守る

活性酸素は偏った食生活やストレス、外気汚染、喫煙などによって多量発生し、その結果体内が酸化し、あらゆる病気を引き起こす原因となります。


このような活性酸素や過酸化脂質などをフリーラジカルと呼び、細胞を老化させたり動脈硬化を引き起こす原因となったりしますので、何とかしてフリーラジカルの害から体を守らなければなりません。


そこで体内で大量の活性酸素を発生させやすい環境にある現代人は、積極的に抗酸化物質を摂取して細胞の破壊を食い止め、病気の予防に努めるべきです。


身近にある抗酸化物質はビタミン、ミネラル類で、現在ではサプリメントとして薬局でお手軽に手に入れる事が出来ます。特にビタミンCは安価で売られていて即効性のある抗酸化物質です。


ビタミン、ミネラル類は、単独で摂るより複合的に摂取する事によりその効果が何十倍にもなるといわれています。ですからマルチビタミン、マルチミネラルなどの総合ビタミン剤なども売られていますので、体の抗酸化力を高める為には打ってつけでしょう。


体内の酸化を最小限に食い止める為にも、普段の食生活や適度な運動、ストレスをためにくい生活を心がけるべきでしょう。


後はワインなどに含まれるポリフェノールにも強い抗酸化作用があることがわかってますので、ワインがお好きな方は、適度の飲酒によって健康を維持されるとよいと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120338742
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。